毒草一覧次の花
ジンチョウゲ


とても有名な花ですね。早春、手まりのように集まって咲く花は甘い香りを漂わせます。花は白色で花弁の裏がエンジ色のものと白い色のものとがあります。雌雄異株なので果実ができるのですが、日本には雌木がほとんど無いためなかなか見ることができません。その強い香りから、古来の名香「沈香(ジンコウ)」と「丁字(チョウジ)」の名をあわせた名前が付けられています。


毒草名  ジンチョウゲ(沈丁花)、瑞香(ずいこう)、センリコウ、ハナゴショウ、リンチョウ、丁字、沈丁
学 名  Daphne odora THUNB.
特 性  ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属、移植に弱い中国原産の雌雄異株の艶かしい常緑低木
花 期  3〜4月、日本には雄株しかないので実は成らない。
仲 間  シロバナジンチョウゲ、ウスイロジンチョウゲ、フクリンジンチョウゲ
毒部位  乳汁、樹皮、根
成 分  ダフネチン(Daphnetin)
症 状  皮膚炎、水泡




よく庭の植木などに利用されています。樹液には皮膚炎を引き起す成分が含まれていますので、枝などを誤って口にくわえないように注意が必要です。


 

花弁は無く、肉質の萼が花弁のように見えます。




蕾です。その強い香り故にお茶の席などでは「禁花」として飾ることをタブーとされてきました。





 

≪MEMO≫
・夜にはことに香り広がる。
・「Daphne」=太陽の神アポロに追われ月桂樹と化した女神。
・『私を死者にし生者の芳香を差し出す沈丁華』吉野弘(詩人)
・雌株は秋に赤い実を熟す。
・花言葉は「甘い生活」
・枯れても芳しい
・果実は朱紅色。1cm弱。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS